メラニン色素が原因の場合

メラニン色素が原因の場合

メラニン色素という言葉を聞いたことはありますか?

 

このメラニン色素が原因でお肌にあるものができることがあるといわれています。それはシミです。

 

実は肌が刺激を受けてしまうことによりメラニンが活発に動き出すと言われています。

 

デリケートゾーンなどにできる黒住もこのメラニンが関係していると言われているのです。

 

メラニンが活発に動き出すことにより色素沈着を行うことになります。

 

色素が沈着することによりシミが出来ると言われているのです。

 

メラニン色素を活性化させない為に、何をしたらいいのか。

 

それは肌に刺激を与えないようにすることです。

 

実は衣服がすれるだけでも肌はダメージを受けると言われているのです。

 

開放的にしてあげることで肌は刺激を受けていないということになりますので、あまりきつめの衣服は着ないようにする方がよいといわれています。

 

顔のシミについては何が刺激になるのかというと紫外線です。

 

顔は体の中でも高い位置にありますので紫外線を浴びやすい場所になります。

 

たくさん浴びてしまうことにより刺激をたくさん受けてしまうことになるのです。

 

シミをなくすためには美白エステに通うことになります。

 

肌をきれいにしてくれるのでとても気持ちがいいのですが、値段もそれ相応の額になりますので私のような主婦には少し通うのが厳しいかもしれません。

 

シミができてしまうことにより顔の印象も変わってしまいますので、紫外線などから肌を守りメラニン色素を活性化させないようにしましょう。


 

関連ページ

紫外線が原因の場合について
紫外線が原因の場合についてをご紹介いたします。紫外線はなるべく影響を受けないように努力する必要があります。例えば、紫外線クリームや日傘や帽子などを活用することです。顔だけでなく、体全体を守ってあげるとよいでしょう。
ストレスが原因の場合について
くすみやしみの原因がストレスの場合についてご紹介いたします。ストレス発散方法は人によってそれぞれ違いますが、発散することができなくて体に溜め込んでしまうとお肌に影響が出ることがあります。ストレスでホルモンバランスが崩れることがあるのです。ストレスを溜めすぎず、ストレス発散の時間もしっかりとりましょう。
女性ホルモンが原因の場合
女性ホルモンが原因の場合についてご紹介いたします。女性ホルモンのバランスを崩してしまうと、肌にも影響があるといわれています。ホルモンバランスを崩さず整えられるように努力しましょう。ホルモンバランスを整えるには、イライラしないことがとても重要です。
加齢が原因の場合
加齢が原因でくすみやしみが出来てしまう場合についての事を体験を通して書いていきます。やはり、綺麗な肌でいたい!という強い想いがとても重要です。想いがあれば、何かしらの美肌への行動をとることが出来るからです。
肌の乾燥が原因の場合
肌の乾燥が原因でシミになってしまう場合についてご紹介いたします。特に冬場は夏に比べて空気が乾燥します。ですので、そのままにしておくと、肌も乾燥し、カサカサの肌になりがちです。そしてシミになることもありますので注意が必要です。冬場は特に肌を乾燥させずに潤いを与えるようにしましょう。