肌の乾燥が原因の場合

肌の乾燥が原因の場合

夏場に比べると冬場の方が空気が乾燥していると言われています。

 

空気が乾燥していることにより、私たちの肌も乾燥しやすい状態になると言われているのです。

 

夏場よりも冬場の方がスキンケアをしっかりとしておかなければいけないといわれているのは、空気が乾燥しているからなのです。

 

肌が乾燥しているとどのような事が起きるかというと、まずは肌触りがカサカサしたりすること。

 

そしてかゆみがでてきてしまうこと。

 

そして最後に乾燥が原因でシミができてしまうこともあるといわれているのです。

 

シミができる原因は何かというと乾燥をすることに肌には潤いがないということになります。

 

肌に潤いがないことで乾燥しているということになるのですが、乾燥をしていると肌の細胞が生まれ変わることが出来ません。

 

古い細胞が残ったままになってしまうことイコール肌の中にメラニン色素が残ってしまうということにつながるのです。

 

メラニン色素はシミが出来る原因とも言われていますので古い角質と共に生まれ変わるのがよいといわれています。

 

しかし、潤いがないことにより古い角質と一緒に体の中に残しておくことになってしまうのです。

 

シミは予防をしっかりと行っておくことで作らないようにすることができます。

 

今は美白エステとよばれる美白が出来るエステもありますのでシミができても治すことはできますが、できていないのであればそれにこしたことはありません。

 

肌を乾燥させないようにしてシミの予防ができるようにしましょう。


 

関連ページ

紫外線が原因の場合について
紫外線が原因の場合についてをご紹介いたします。紫外線はなるべく影響を受けないように努力する必要があります。例えば、紫外線クリームや日傘や帽子などを活用することです。顔だけでなく、体全体を守ってあげるとよいでしょう。
ストレスが原因の場合について
くすみやしみの原因がストレスの場合についてご紹介いたします。ストレス発散方法は人によってそれぞれ違いますが、発散することができなくて体に溜め込んでしまうとお肌に影響が出ることがあります。ストレスでホルモンバランスが崩れることがあるのです。ストレスを溜めすぎず、ストレス発散の時間もしっかりとりましょう。
女性ホルモンが原因の場合
女性ホルモンが原因の場合についてご紹介いたします。女性ホルモンのバランスを崩してしまうと、肌にも影響があるといわれています。ホルモンバランスを崩さず整えられるように努力しましょう。ホルモンバランスを整えるには、イライラしないことがとても重要です。
加齢が原因の場合
加齢が原因でくすみやしみが出来てしまう場合についての事を体験を通して書いていきます。やはり、綺麗な肌でいたい!という強い想いがとても重要です。想いがあれば、何かしらの美肌への行動をとることが出来るからです。
メラニン色素が原因の場合
メラニン色素が原因の場合についてご紹介いたします。シミはメラニン色素が原因といわれています。肌に刺激を受けることにより、メラニン色素は活発に動きだすようです。顔の場合は、紫外線が肌に刺激を与える為、結果的にシミの原因になります。シミが出来てしまった場合は美白エステがおすすめです。